雲の無い大安の朝はビールを

人生において、「画家」のポジションってなんだろう。どうでもいいと思える?「ゲーマー」は、あなたにとっては何なんだろう。

雲の無い木曜の早朝に目を閉じて

知佳子はAさんが大好きみたいだ。
Aさんも知佳子を可愛いと思っている。
彼が出張に行くときは、知佳子も連れて行ってもらっているし、先日は私も一日目だけ同行させてもらった。
Aさんも知佳子も私を同じ呼び方で呼びかけるし、何か意見を求める時は、一番に、私に問いかけてくれる。
なぜか気にかけてくれているような感じがして凄く空気が良いと思った。

具合悪そうに口笛を吹くあいつと草原
ちょっとした出張で、日光へ行くことが非常に多かった。
北関東地方に位置する日光は栃木県にあり、内陸の県で、多くの山に囲まれている。
そのことから、寒い時期には雪が多く、除雪車やチェーンが必要である。
秋になると、東北自動車道で2泊3日で行って、行って帰って、また2泊3日という生活スタイルが非常に多く、雑誌などメディアで日光の様子が紹介されると思い出に浸ってしまう程。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は見た方が良い市だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、ツアーのメインはやっぱり日光東照宮。
東京の基盤を作った徳川家康の眠る場所で、中の様子に驚くことだろう。
あと、山奥にある日光湯元。
硫黄泉とのことで、白色で、高温の温泉。
この温泉に来ると冷えも治るのではないかと思う。
日光東照宮が建てられたときには、湯元温泉のお湯を目指してかなりの人数の湯治客が集まったと言う。
様子が想像可能な歴史的な町が日光。
旅館やホテルの紹介も兼ねて、情報誌に多く載っている栃木県に、再び行ってみたいと思う。

陽の見えない土曜の明け方は焼酎を

この夏は、泳ぎに行っていないが、家族でとっても行きたい。
現在、子が2歳になったばかりなので、海には入らせないでちょっと遊ぶ程度ですが、きっと楽しんでくれると思う。
そうは言っても、子供は、パンパースをはいているゆえに、近くの人の事を考えたら海水に入れない方がいいかもしれない。
遊泳用のオムツもあるが、場所によっては問題になっているらしいので。

薄暗い日曜の夕方に窓から
ひえしょうにかかってからは、いささか辛いけれど、何と言っても真冬がフェイバリットだ。
家の外が乾燥しているからか、カラリとした香り、その上こたつの心地よさ。
寒い時期の陽の光って優雅な気になれるし、一眼を持っていく、冬の朝の浜辺もきれい。
季節感は、レフもいいけれど、トイでバリバリシャッターに収めるのが本当に味のあるSHOTが見つかる。

ノリノリで踊る母さんとオレ

喜んでもらえる贈り物を決めなくてはと考えている。
記念日がもうすぐで、家内に喜んでもらえるおくりものしたいのに、しかしすごく良いおくりものが思いつかない。
妻に何か手に入れたいものがあるのならば、話は早いが、たいして、物欲がないので、喜びそうなものが思いうかばない。
さりとて、秘密で嬉しがりそうなものを考えてびっくりさせたい。

ぽかぽかした土曜の早朝に座ったままで
見とれるくらい素敵な人に会ったことがありますか?
実は一回だけあります。
バス内で同い年くらいの方。
女の自分ですが、ドキドキしてしまいました。
どれくらいスキンケアをしているか、という自分の努力も関係すると思います。
しかし、本人からにじみ出るオーラは絶対に存在しますよね。
この世界には素晴らしい人が多くいるんだなーと思いました。

勢いで吠えるあなたと俺

人によって、好きなものや好みが存在すると思うが、それらを聞くのが好き。
友達に聞いてみたところ、金、パステルカラーのランジェリー恋人の事が大好きとの事。
さらに、異性の血管の浮き出た腕。
それにロシア語の響き。
私には不明。
屋台のリンゴ飴、肌に直接薄手のニット、かなり薄めた香水、声のかすれた男性が好きだと、伝えた。
同じように理解できないと言われた。
まさにこれが、フェチという分野だという。

具合悪そうに口笛を吹く妹とあられ雲
オフィスで話すようになったOLさんがいる。
変わった女性で、彼女の話はどれも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
幼稚園の先生の免許、スキューバーの資格、インテリアコーディネイター。
観光英語検定1級、書道師範免許、そして、元CAさん。
公認会計士までパスしていると聞いたような。
さすがにこれを父に話したら、あなたの勘違いもあり得ると思う、と言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の部長と結婚し退職していった。

どしゃ降りの大安の明け方に読書を

実は肉をそこまで食べられないので、食事はどうしたって魚介類主な栄養になってくる。
そのことから、例年の、土用の丑の日は、私にとってのイベントだ。
関東で鰻を開く場合、背開きという習慣があるという。
なんでか話すと、江戸時代から武家社会なので、腹開きといえば切腹につながってしまい、タブーなため。
一方で、西で開くうなぎには、腹開きの事が習慣。
理由は、西の方は商人の場所なのでお互いに腹を割りましょうと言う意味に由来するから。
でも、自腹を切るの取り方も通じるので、シチュエーションによってはタブーの時も。
理由は、西の方は商人の場所なのでお互いに腹を割りましょうと言う意味に由来するから。
でも、自腹を切るの取り方も通じるので、シチュエーションによってはタブーの時も。
こちらのお話は、バス会社で働いていた時に、よく、参加者にしゃべっていたお話です。
渋谷駅より乗り込みして、静岡の沼津のウナギを食べるために行こうという目的。

雨が上がった週末の夜にひっそりと
ほほえみって魅力的だなーと思っているので、できるだけ笑顔で話すように心がけている。
一応、時と場合を見て。
けれど、他人にそんなものだと強制してはダメ。
つまり、一概には言えないけれど自身の概念として。
業務中は真剣な顔で必死で商談を行っていた人が、笑顔になったその瞬間。
これも大好き。
目じりにしわができる人がタイプ!と話していた友達。
気持ちも理解できるかもしれない。


PAGE TOP

人生において、「画家」のポジションってなんだろう。どうでもいいと思える?「ゲーマー」は、あなたにとっては何なんだろう。
Copyright (C) 2015 あの日の夏は君も草木も青かった All Rights Reserved.