ぽかぽかした金曜の深夜は料理を

「幻」が好きな人もいれば、嫌いな人もいると思う。なにも思わない人だって。アナタが思う「ゲーマー」はどう?

気どりながら口笛を吹く姉ちゃんと夕立

昔、入社して多くの仲間に囲まれて雇われていた。
だけど、3年が経過すると、大勢で一緒に何かをするというのが向いていないと痛感した。
業務の時間が長く、チームプレイで進めるので、やはり噂話が多数。
それを聞きたいと思えば世渡り上手になれるのかもしれない。
しかし、どうでもいいとしか思えない運命なのだ。
厄介なことに、ペースが遅い人に合わせて進めるという努力ができない、早い人に合わせられない。
普通は、努力が見られない!と思うだろうが、家族には運命なのだと言われた。

陽の見えない休日の昼は目を閉じて
海が大変近くで、サーフィンのメッカとしてもめっちゃ有名なスポットの近くに住んでいます。
そうなので、サーフィンをしている人はめっちゃ多くいて、仕事の前に朝はやくちょこっとでもサーフィンにという方も存在する。
そのように、サーフィンをする人たちが多いので、誘われることが大変あったのだけれど、毎回断っていた。
その理由は、俺が、運動神経が悪く、泳げないからだ。
けれども、泳げなくても大丈夫だと言われ、やってみたけれど行ったスポットは熟練者が波乗りに行く場所で、テトラポッドが近くに設置されていて、スペースがごく狭い場所だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

湿気の多い水曜の昼に熱燗を

鹿児島のお歳をめしたの女の人は、いつも、生花を墓所にしているから、そのために、お花が大量に必要で、切り花農家も多数いる。
夜半、マイカーで疾走していると、菊の為のの光がちょくちょく夜半、マイカーで疾走していると、菊の為のの光がちょくちょく目に入る。
家の光源はめっちゃ少ない町なのに、しかし、菊の栽培ライトはいつも目につく。
菊の為の明かりはすぐ見えても人の行き来はすごく少なく街灯の照明も非常に少なく、警戒が必要なので、学生など、JRの駅まで迎えにきてもらっている子ばかりだ。

雪の降る木曜の午前に散歩を
きょうは、久しぶりに大雨になった。
チヌ釣りの約束を仲間としていたのだけれど、雷がなっているので、さすがに怖くて行けそうになかった。
確認したら、雨がやんだので、やっぱり行くということになったのだが、釣りに行ける道具の準備を終えて、行ってみたら雨が降ってきた。
雨が止んで来ていた釣り人が、ばたばたと釣りざおなどをしまっていた。
餌も買ってとかして用意していたのに残念だった。
次の機会にと話して釣り道具を片づけた。
明々後日からは晴れらしい。
なので、次こそ行ってみよう。

前のめりで口笛を吹くあの子と霧

此の程、横腹のぜい肉を減らさないとと思い毎晩、筋トレをしている。
8キロ程度の子供を私の体の上にしがみつかせて一から声を出し数えながら腹筋を行っていたら、小さな子供との遊びにもなるし、娘も数を覚えこむし、自分のみにくいぜい肉も落ちるし、一挙両得だとばかり思っていたら、最初は、真似して数を言っていた2歳の娘も退屈なのか、やらなくなってしまった。

笑顔で跳ねる兄弟と僕
江國香織の物語に登場する主人公は、陰と陽を潜めていると思う。
旦那意外との恋愛を悪としない。
だけど、心底好きなのは旦那様だけのただ一人。
このような女の人たちが多々いるような気がしませんか。
旦那意外との恋愛を陰だと考えれば、結婚生活は陽。
たまにスイッチが入ったように陰が登場する。
旦那意外との恋愛に関する善悪の区別はシカトして、その女の人を研究する。
私の中に新たな恋愛観や新たな価値観が現れることもたまにある。

雲が多い月曜の午後は友人と

お願いされて、うじゃうじゃとあるモウソウダケの間伐を支援していたけれど、しかし、竹がめちゃめちゃぎゅうぎゅうに生えていて苦しかった。
知人が土地の管理を親から継いで、大きな竹がはびこりすぎて、伐採しづらかったらしい。
私たちは、ちょっと仕事で活用するモウソウダケが欲しかったので、いただけることになり、タイミングが良かったが、竹やぶになった里山から運び出すのも苦しかった。

雨が上がった日曜の夜に想い出に浸る
甲斐の国はフルーツ王国と言われるくらい、フルーツの栽培が行われている。
日本にはなかなか無い海のない県で富士山などの山々に囲まれている。
だから、漁もできなければ米の栽培もあまり盛んではない。
なので、甲斐を統治していた殿様、柳沢吉が果物の栽培を推進したのだ。
他の県よりも有名な名産が欲しかったんだと思う。
甲府盆地の水はけのよさと、山国ならではの昼夜の気温の差は立派な果物を実らせる。

自信を持ってダンスする姉妹と突風

甘い食べ物がたいそう好みで、ケーキやだんごなどを自分でつくるけれど、娘ができて作るものが制限されてきた。
私たち夫婦がたいそう楽しみながら口にしていたら、子供がいっしょに食べたがることは当然だから子供も食べられるケーキを自分でつくる。
自分は、激甘なものが大変好きなのだけれど、しかし、娘には激甘なケーキなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやバナナをいれたケーキが健康にもいいので、砂糖を控えめに入れる。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、めちゃめちゃつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

控え目にダンスする君と失くしたストラップ
一人の人間のおおよそが水という調査もあるので、水分は一人の人間の基盤です。
水分摂取を怠ることなく、みんなが活発で楽しい季節を満喫したいですね。
ぎらつく光の中から蝉の声が耳に入るとこの時期、いつもはあまり出かけないという方も外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だと紫外線対策について気になる方が多いのではないでしょうか。
暑い時期のお肌の手入れは夏が過ぎた時に表れるといいますので、やはり気にしてしまう所かもしれません。
もう一つ、すべての方が気を使っているのが水分摂取に関してです。
もちろん、いつも水の飲みすぎは、あまり良くないものの、この時期はちょっと例外かもしれません。
と言うものの、たくさん汗を出して、知らないうちに水分が出ていくからです。
外に出るときの自分自身の健康状態も影響するでしょう。
思いがけず、自身が気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑さ真っ只中の水分補給は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても過言にはならないかもしれないです。
短時間外へ出る時も、小さなもので充分なので、水筒があると非常に便利です。
一人の人間のおおよそが水という調査もあるので、水分は一人の人間の基盤です。
水分摂取を怠ることなく、みんなが活発で楽しい季節を満喫したいですね。


PAGE TOP

「幻」が好きな人もいれば、嫌いな人もいると思う。なにも思わない人だって。アナタが思う「ゲーマー」はどう?
Copyright (C) 2015 あの日の夏は君も草木も青かった All Rights Reserved.